CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
summer solstice of 2004, the crucial point
私は作図していないので分かりませんが,今年の夏至図は配置が春分図とほぼ変化がないんだそうです。
東シナ海のことも気になるし,駆け足でざっと読んでみたいと思います。

[ output from Astrodienst ]
続きを読む >>
| [inspiration] | 22:38 | comments(2) | trackbacks(0) |
self-defense
昔shellshock というバンドがあったんですが,self-defense という曲だけは好きだった。
もろに初期metallicaの影響を受けた曲を演ってる分には良かったんですが,残念ながらオリジナリティが多少出て来るようになるとつまらなくなってしまった;

さて本題でーす。またまた満月図エントリー続編です。

「中国様ムキー!日本のくせに生意気な!」だけでなく,何と中国様に便乗したっぽい韓国までもが日本のEEZで海洋調査しているという話を聞いて,元ネタ記事を探して来ました。これかー!

韓国船が海洋調査を継続 再度、日本のEEZ内へ
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=MYZ&PG=STORY&NGID=soci&NWID=2004071001003155
[ quote from flash24: http://flash24.kyodo.co.jp/ ]
続きを読む >>
| [inspiration] | 00:30 | comments(2) | trackbacks(0) |
7/2 fullmoon chart 2
この記事はこちらで書こうとしてどーも上手く行かなかった投稿です。
モーリさん,jugemに舞い戻ってしまうことになりましたので,どこのエントリーでもコメントして下さいませ。


満月図エントリーの追記です。

東シナ海の海洋資源問題絡みで中国様がちょっかい出して来るのでは... と自信なく書いてみましたが,やっぱり中国様「日本のくせに生意気な!」と湧き上がる怒りを抑えきれないようです。

中国政府が日本に正式抗議=東シナ海の海洋調査めぐり

中国外務省の王毅次官は7日、阿南惟茂駐中国大使に対し、日本政府が東シナ海の日中中間線に沿った日本側海域で同日、海底資源調査を開始したことについて抗議を申し入れた。
東シナ海の天然ガス開発をめぐる日本側の調査に関し、中国政府が正式に抗議したのは初めて。中国側はこれまで「強い関心」を示して懸念を表明するにとどめていたが、調査が動きだしたのを機に態度を硬化させた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040707-00000593-jij-int
[ quote from yahoo! news: http://headlines.yahoo.co.jp/ ]
続きを読む >>
| [inspiration] | 00:12 | comments(5) | trackbacks(0) |
7/2 full moon chart
やたー!9日に曽我さん家族の面会が決定しました。
曽我さんの嬉しそうな笑顔を見ているとこちらも心が和みますよね。ねー岡田さん&福島みずほさん。
「曽我さん一家は一緒に暮らせる,ジェンキンス氏も来日出来るのではないか」という予測をした私であるからして,己の保身のためにも(笑)是非,曽我ひとみさんの夢が叶うことを願っております。

ちょっとタイミングが遅くなりましたが,7/2の満月図でも見てみませうか。
小泉首相再訪朝の時の新月図では,家族会を一括りにして読んではいけなかったという衝撃の結果が表れてしまいましたが,今回は曽我さんの家族だけに絞られるからもう少しシンプルに読めるかもしれません。それに参院選もあるし。
続きを読む >>
| [inspiration] | 19:56 | comments(8) | trackbacks(0) |
再考: 5/19 new moon chart
こちらの記事の続編です。

再びこの図を見て思ったんですが,もう「拉致問題」を12室で見ようとしても無理があるかもしれません。今までも6室−12室だけで見て来た訳ではありませんが,先ず12室を中心とする見方だと判断を誤ってしまうようです。
これはもう,拉致問題が単なる人質事件ではないという良い証拠かもしれない。日本人がこの問題を通して国家の威信について考えている。この問題をどう処理するかによって,日本の明暗が分かれることを国民レベルで理解している。
もうチャート上でも,日本の利害に関わる政治問題と捉えてしまっても良いようです。
「拉致問題なんて存在しない」と言い張って来た連中が真っ青になるくらいに,拉致問題は日本人の心の琴線に触れてしまいました。
続きを読む >>
| [inspiration] | 14:54 | comments(1) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>